転職活動の前に知るべき知識 PR

働きながら転職活動をすすめる5つの理由

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

とりあえず、現職を退職してから転職活動をする人がいます。

私は絶対に働きながら転職活動をすることをおすすすめします。

その理由を5つ紹介します。

さるごりの人材サービス業での実績

・延べ600社以上の企業の営業担当として従事する
・面接官として1,000人以上と面談
・5,000人以上の新卒学生をサポート
※人材業界で10年以上働いた経験、知識を踏まえて解説します。

Contents

お金の心配がない

一番の理由がお金の心配です。当たり前のことですが、会社を辞めてしまうと無収入になります。
家族がいる方はもちろんですが、独身でも転職先が決まるまでお金の心配をしなければいけません。

失業保険がもらえるとしても、手続き後すぐにもらえるわけではなく、自己都合により会社を退職した「一般の離職者」の場合は、7日間の待期期間後、更に3カ月の「給付制限」が設けられており、給付日数も限られています。

もし貯金があったとしても、それを切り崩すことは、精神的に良いとは思えません。

冷静に転職活動ができる

人によっては、すぐに転職先が決まらない人もいます。
そうすると、何回か落ちていくうちに自信がなくなってしまい、妥協してしまいがちです。

しかし、働きながら転職活動をしていると、「今の会社よりは良い会社」と自分なりのボーダーラインを決めることができます。

ゆっくりと転職活動ができる

自分が希望する求職案件や自分に合う求職案件は、常にあるわけではありません。
転職活動をする時期の景気などにも左右されます。

優秀な人であっても希望求職案件とタイミングがあわなければ、転職することはできません。
そういった意味でも長期で構えれる状態をおすすめします。

無駄な手続きがない

転職先が決まる前に退職してしまうと、年金や保険などの切り替え手続きを自分でしなければいけません。

しかし、転職先が決定してから退職すると、各種手続きを転職先がやってくれます。

手間が無くなりますし、抜け漏れもありません。

今の会社が客観的にみれる

様々な求人案件と今の会社を比べることができます。

給料や福利厚生などの待遇面を客観的にみることがきます。

実は今の会社は意外にいいのでは、ということになる場合もなくはないです。

まとめ

私は、新しい転職先が決まらないうちに先走って退職し、後悔する人を何人も見てきました。

精神的に追い詰められている場合を除き、働きながら転職活動をすることをおすすめします。

納得のいく転職先を見つけ、安心して残った有給休暇で心と体を休めてください。